40代 サラリーマン ブログ

人生というクソゲーにもがく40代サラリーマンのブログ

40代、バツイチ。。。社会不適合者オヤジの侘しい生活記録

水を飲む量が異常!!

26歳、女性です。

 

物流倉庫でパートとして勤務していて、

家族構成は父、母、祖母、私の4人です。

 

人には言えない悩みがありまして、

それは水を飲み過ぎてしまうことです。

 

一日で飲む量は大体4リットルですが、

夏は5リットルほど飲みます。

夏は、勤務場所にクーラーがないので、

上司から「こまめに水分補給して下さい」と言われます。

 

よって、夏の真夏日になると一日に5リットルの水を飲んでしまいます。

 

なぜそんなに飲むのかと言うと、

水が美味しいと思うからです。

 

たまに、人から「健康のためにたくさん飲んでるの?」と質問されることがありますが、

決してそんなことはありません(;^ω^)

 

21歳の頃からお水をたくさん飲むようになりました。

 

水を飲む量が異常なので、

心配になって病院へ行って検査をしてもらったことがあります。

 

糖尿病になると喉が乾きやすくなるという情報を聞いたことがあるので、

自分は糖尿病かもと思っていました。

 

ですが、身体に異常はないという結果が出ました。

 

ホッとしましたが、

少しずつ飲む量を減らしていきたいと思っています。

 

友達と一緒にいるときに、

私が家から持参してきた水を飲んでいると、

「また飲むの?飲みすぎなんじゃない?」と言われることが結構あります(^_^;)

 

多分、友達は引いていると思いますが、

引かれてもおかしくないと思っています。

 

飲みすぎていることは自覚しているのですが、

喉が異常に乾くことがあるのです。

 

水を飲むことを我慢していると、

呼吸がおかしくなることもあります。

 

夜就寝しているときもそうなります。

 

なので、ベットの横にすぐ飲めるようにペットボトルのお水を置いています。

 

お水を飲みすぎると、当たり前ではありますが、

お腹が膨れます。

 

トイレに行くと、お腹がすぐに正常になりますが、

母親にお腹が膨れているのを見られると、

母親が「飲みすぎだよ!」と注意してきます。

 

飲みすぎだと分かってはいるのですが、

どうしても止められません。

 

過去に、毎日飲む量を減らす努力もしたのですが、

長続きせず結局変わりませんでした(>_<)

 

ですが、ずっとこのままだといけないと思っています。

 

水を飲みすぎることによって、

身体に悪影響を及ぼすことは間違いありません。

 

お水が原因で、

救急車に運ばれるなどといった事件は絶対に起こしたくありません。

 

 

奈良のカードローンはこちらのサイトが便利です。

 

なぜかというと、

家族に迷惑がかかってしまうからです。

 

そのためにも、

少しずつ水を飲む量を減らしていきたいです。

自己破産の経験、妻の体験談

私は22歳のとき結婚をして娘を授かり29歳で離婚を、経験。

今年の1月に再婚した。

 

 

今の主人は2つ年上の昔から知っていた人で一時期憧れの人でもあった。

 

 

 

その主人も離婚をしており子供を2人養っていたため連れ子同士の再婚だった。

 

 

 

一度に大人数にはなったが、二人で働けばなんとかなると思っていた。

 

 

そう。結婚当初は…今年1月に籍を入れたのだが当時(現在も)主人はパニック障害を持っていたため薬の服用が必要だった。

 

 

でも、仕事には出来るだけ休まずに出勤していた為私も献身的にフォローを、しようと決めていました。

 

 

 

ですが入籍した直後仕事を退職。新しい職場をすぐ見つけたが2日行くと休むようになりそれが一日おき、しまいには1週間行かなくなった。

 

 

 

もちろん給料もまともにもらえるわけがなく、会社側からも当てにならないのでと退職を余儀なくされた。

 

 

 

慌てて次を探すも、結局同じ事の繰り返し。しまいには少し休業したら?と言われて仕事をしなくなった。

 

 

 

もちろん当てにならない収入のため私の給料でまかない始めたが追いつくわけがない。家賃、光熱費、交通費、生活費、学校の集金や、月々の支払い。

 

 

 

それプラス旦那の借金なんて払えるわけがなかった。それでも何とかしようと食費などを削るが育ち盛りに食べさせないわけにもいかないので、できるだけの努力はした。

 

 

 

約半年やっと再婚してから生活の苦しさを感じたのか目が冷めた旦那は仕事をするようになったが時既に遅し。

 

 

 

溜まりに溜まった借金と隠してきた友人からの借金がプラスでご登場。目眩がした。もう、わたしには支えることも出来なければ支えようと思う気持ちすらなくなっていた。スピード離婚か…などと考えてるときに妊娠発覚。

 

 

 

血の気が引いた。でも命は無駄にしたくない。一人でも育てなければと思い始めたとき子どもたちのことを考えたら離婚なんて2回もしてられない。どうにかこの状況をクリアにしないとと動き始めた。

 

 

とりあえず主人の借金のトータル金額のまとめ。ざっと計算しても500万は超えていた。月々の返済額10万を余裕で超えた。現場仕事の為雨降れば休みの仕事でましてや、病気の発作が起きれば休まざるを得ない。頑張っても13万のお給料から携帯代まで払ってしまえば誰もがこの内容を見てわかるとおり家賃すら払えない。

 

 

 

生活費で渡された額は一万円。どう生活しろと?と悩んだ。とりあえずなんとかしないとと思いながら仕事はするがつわりがひどくお腹の張りも酷かった為ドクターストップ。

 

 

 

この世の終わりかと思った。

 

 

 

 

どんなに今主人が頑張ってくれても私が休まざるを得なくなった以上もう、首つるしかないと思ったとき究極の選択をするしか頭になかった。

 

 

 

「自己破産」だ。債務整理で減額したにしろもう、滞納の連続でなんともならず家賃まで遅れ始めた今全部キレイにするしかなかった。

 

 

 

主人はすごく躊躇した。それもそうだろう。わかってはいたがしてもらうしかもうなんともならないのだ。一ヶ月悩んで弁護士に相談。払える保証がもう、どこにもないことを悟り、一発で自己破産を進められた。

 

 

 

響きは良くないし、デメリットがたくさんある。でも、これ以上苦しみたくない。子どもたちを苦しめられないと思った決断だった。情けないと思う人もいると思うが正直勉強になった。たくさんのことを学ぶ事ができた。ここから立て直すしかない。自分のためではなく守るべき家族のために。そう誓いまた前に進もうと思う。

 

 

ミュゼ予約方法を教えています。

メンタルが弱すぎてしまう私

わたしは、社会に揉まれず、温室育ちで今まで生きてきました。

 

 

叱られたこともあまりなく、願望があればすぐ叶えてもらえるような、

恵まれた環境の中で過ごしてきました。

 

 

ですが、それは中学の時までです。

 

 

今まで、国立の、地元ではけっこういい目で見られる

有名な小学校、中学校に通っていたので、医者の人や、

大学教授の父を持つ人など、エリート達がこぞって集まる学校だったので、

いじめもなく、誰か浮いている子でも馬鹿にすることなく、

皆仲良く勉学に励んでいました。

ミュゼ 沖縄で予約してきました。

 

 

生きていて、これまで一度もうまくいかなかったことなんてなかったというくらい、

わたしの環境はそれは恵まれていました。

 

 

ですが、高校へ入学した時に、壁へとぶち当たってしまいました。

 

 

対人関係にです。

 

 

今まで、わたしは人の悪口や、軽くあしらわれるだとか、

たとえ冗談でも経験したことが一切なかったので、

他校から入ってきた人との会話で

当たり前のようにそういうことがあったので、

わたしは真に受けてしまい、すごく傷付きました。

 

 

やはり、昔からそんなことを経験していなかったので、

批判や悪口、陰口、辛辣な冗談を、

軽く受け流すことは出来ず、

そんな生活を過ごしているうちに

とても疑い深くなってしまいました。

 

 

たとえ仲の良い友達だったとしても、

わたしの返答に対する相手の顔色ばかりを伺うようになってしまい、

毎日、返答や態度を間違えることのないように、

緊張を張り詰めて学校生活を送っていました。

 

 

言って見れば、綱渡りのようなもの。

 

 

ちょっとでもバランスを崩せば、

奈落の底に落とされてしまうような、

そんな感覚の中でした。

 

 

ですが、気を使いすぎて、わたしの神経はボロボロになり、

ついにはストレスからくる、メニエール病にかかってしまったり、

総合失調症や、うつ病など、

様々な心の病を患うようになってしまいました。

 

 

今の学校ではあっていないということで、

わたしは逃げるように通信制の、

週に一回通うだけで済む学校へと変えてしまいました。

 

 

あまりにも世間を知らなすぎた結果だと思います。

 

 

理不尽に慣れていなかったわたしに、

ようやくつけが回ったのでしょう。

 

 

ですが、今まで楽だった分、

周りの人と比べたら苦しみにも値しないようなことを

自分はすごく辛くてきついと感じてしまうなんて、

なんて心が脆いんだろうと自分を責めて、

泣いてばかりの日々です。

 

 

この悩みを友達に言ったら、

甘えるなと絶対言われるでしょう。

 

 

ちょっとのことで傷つきやすいなんてうざいし、

もうちょっと頑張ればいけるだろうという気持ちもわかります。

 

 

でも、甘えてきた分、辛いんです。

 

 

どうしたら、強くなれるんでしょうか。

 

 

周りの顔色を気にすることなく生きていけるでしょうか。

夫婦間の問題

四年前に結婚し、現在主婦・26歳・子供が二人です。

 

 

看護師をしていて二人目出産前まで働いていましたが

子供が小さいので子供優先です。

 

 

旦那さんが保育士なので、

ビックリするほどお給料が少なく妊娠中から働けなくなるのは

分かっていたので内職をしていました。

めっちゃ贅沢フルーツ青汁 ペコを購入しました。

 

 

仕事・家事・育児・内職・旦那の世話と大忙しでした(>_<)

 

現在、色んな事があり、

内職も出来る状況では無くなったので、辞めました。

 

内職を辞めた途端に旦那さんが家の事どころか、

自分のことまで何もしなくなりました。

 

最近では、仕事が終わって夜もなかなか帰ってきません。

 

 

聞くと、途中で眠くなってしまいコンビニの駐車場で寝てる。

 

 

と言うのですが、怪しいものです。

 

私は、お金のない生活にうんざりしているので、

早く離婚したいのですが旦那さんはなかなか離婚してくれようとしません( ̄^ ̄)

 

旦那さんのお給料だけでは家賃や光熱費、

子供の学資保険などの引き落としだけでマイナスになってしまいます。

 

 

私の結婚前の貯金から旦那さんの通帳に振り込んでいっています(;o;)

 

結婚前からある程度覚悟はしていたことですが、

お金がないというストレスが物凄いです。

 

 

買い物は旦那さんの母親がしてきてくれるのですが、

朝から来て昼過ぎるまで居てます。

 

 

子供達と遊んでくれるのですが、

義母のお昼ご飯まで用意して食べてもらわないといけません。

 

 

何も頼んでいなくても来るときもあるので、

大変です( ゜o゜)

 

子供達と遊びに来たよ。

 

 

って言ってくるのですが来なくていいです。

 

朝の9時前から来るので、まだ洗濯物を干せていないと、

干そうとしてくれるのは有り難いのですが干し方も違う!

ってなるので本当に困っています(>_<)

 

旦那さんに相談しても、孫の顔見たいんだろうからたまには良いやん。

 

 

って言われるのですが、

たまにではなくよく来ますけど一週間に3回ほどはたまにですか?

 

娘が、ばぁばまた来たの?暇なの?そろそろ帰れば?と言い出す始末です。

 

 

気持ちを代弁してくれるのはいいのですが、

気まずい雰囲気が流れます(゜ロ゜)

 

 

その効果もあってのことか、

最近ではお昼ご飯までには帰ってくれるようになりました。

 

嫌味な事は一切言わず良かれと思ってしてくれているのですが、

迷惑で仕方ないです。

 

お金が無いことや、義母の訪問など悩みが絶えません。

 

結婚の相手を間違えたのかなと思います。

 

 

夜は帰ってこないし、

家の事も何もしない旦那だと愛情も冷めてしまいます。

 

子供達の事は休みの日になれば割りとしてくれて、

家事も気が向けば手伝ってくれるので

何とか離婚せず居てますが、いつか別れたいです…。

クレジットカードの借金が膨らみ・・

ちょっとした出来心からの借金でした。

 

 

最初はクレジットカードのキャッシングからです。

 

 

ギャンブルで勝っていたころは良かったのですが、

次第に負け始め、キャッシングをするようになり、

それでも何とか取り返せると思っていました。

 

 

取り返せることも実際にはありました。

 

 

それがはまっていく入り口になってしまうのです(○▽○)

 

 

ATMでのキャッシングを繰り返しているうちに、

今度は銀行の口座が-(マイナス)で

借り入れの状態が続くようになってしまいました。

 

 

クレジットカードの引き落としもあるので

どんどんマイナスになるばかりです。

 

 

それを取り戻そうとまた元手が必要になり

キャッシングを繰り返してしまうのです。

 

 

手軽なんですよね。

 

 

キャッシングというのは。

 

 

でも借金には違いないのです。

 

 

そして簡単に借りれる借金ほど、

返すときの利息は大きいのですよね。

 

 

いつまでたっても元本を返せていないという状況に陥ります。

 

 

そしてクレジットカードは何枚もあるので

あちらこちらで借りるようになってしまいます。

 

 

でも家族には知られたくないです。

 

 

家族に相談するわけにはいかないと

自分を追い詰めるのです(@``@)

 

 

何とか自分で解決しようと思ううちに

額がとんでもないことになってしまっているのです。

 

 

最近の銀行の口座の借り入れは、

督促も来ないので借金をしているという感覚がないのですが

実はこれも借金なんですよね。

 

 

借り入れなんですから。

 

 

今はトータルしたら300万以上になっていると思います。

 

 

このままの調子だと自分の年収に近い借金になってしまいます。

 

 

どこかで歯止めをかけなければいけないとは思っています。

 

 

でもなかなかやめられないのです。

 

 

人に相談すれば家族に相談するように言われるでしょう。

 

 

それが私には一番辛いところなのです。

ミュゼの那覇店の予約はこのサイトからがお得です。

 

 

ここから切り替えなければ!

ギャンブルで取り戻そうなんて考えはやめて

一日千円でもいいから貯めていけば月に3万は貯まります。

 

 

それでコツコツ早めの手を打つしかありません。

 

 

保険金の契約者貸付にも手をつけてしまいました。

 

 

もうあとは消費者金融しかありません!

そこに手を出してしまったら終わりです!

自分の手には終えなくなります。

 

 

銀行も今はお金を貸してくれる時代です。

 

 

でも破綻したら助けてはくれません。

 

 

それを肝に銘じ、しっかりと前を向いて

心を入れ替えていかなければいけないとはわかっています。

 

 

でもなかなかできないんです。

やはり家族に相談して戒めてもらうべきでしょうか?(? ?)

母の死。あの時の後悔が忘れられない

現在、私は自営業という形で広告の仕事を請け負っている

51歳のフリーランサーで、大学三年の息子と同じ年の妻の三人暮らしをしています。

 

 

人に言えないような悩みは、

この51年間生きてきた中ではかなりたくさんありますが、

その中でも恥ずかしい部類の話をここでさせていただきたいと思います。

プルプエラ 楽天で買ってみました。

 

私には十年ほど前に他界した母親がいましたが、

母は長いこと糖尿病を患い、入退院の繰り返しをしていました。

 

 

私たち家族は狭いアパート暮らしでしたから、

そんな母を引き取ることはできず、

兄は私のアパートの近くに母のためにアパートを借りたのです。

 

 

母に何かあれば私がすぐに駆け付けられるようにそういう手配をしたのですが、

私としてはこれがかなり負担になってしまったのです。

 

 

母は糖尿病の高血糖で、ときどき脳障害を起こし、

訳の分からないことを口走ったりして、

私はそのたびに母に呼び出されていました。

 

 

仕事をしながら母のところへ出かける毎日が続き、

ときにはまったく睡眠がとれないときもありました。

 

 

そんなことが半年も続いたとき、

私は仕事である致命的な失敗をしてしまい、

かなり落ち込んでしまったことがありました。

 

 

そして、その失敗がもとで仕事が激減し、

生活にも支障をきたすことが間々起きたのです。

 

 

そんなことで私の心の中の何かが壊れ、

あるときは一日中、パチンコ屋に入りびたり、

夜は家にも帰らずにどこかの酒場で

泥酔していたという時期が続くようになったのです。

 

 

さすがにそんな自分をまだ小学生だった子供に見られたくないので、

子どもが学校へ行った隙を見て家に帰るような、

そんな生活を続けていたのです。

 

 

あるとき、妻が離婚したいと切り出してきました。

 

 

これは当然の結果だろうと思うのですが、

心の中では済まないという気持ちはあったのです。

 

 

しかし、何を言おうが妻には届かないということは百も承知でしたから、

私はただ黙っていたのです。

 

 

私がそんな状態でしたから、

兄は母を施設に預けることにして、

数か月後、そこで母が息を引き取りました。

 

 

最後に母に会ったのは亡くなる三か月前の事です。

 

 

施設の場所が地方にありましたから、

そう簡単には行くことができなかったのです。

 

「仕事があるなら、もう帰りな」

 

最後に母はそう言いました。

 

 

後悔しても始まらないことは分かっているのですが、

もしも私があのときに母のもとにいてあげれば、

母はこんなに早く逝ってしまうことはなかったのではないか、と。

 

 

それはあれから十年経った今でも時々思うことです。

摂食障害に悩む人の体験談

現在進行形の過食症です。

 

もともとは、太ってると父の愛人から言われて

悔しい思いをして始めたダイエットがきっかけです。

 

 

それから高校3年の時にだんだんと拒食症になっていき、

周りから羨ましがられるほど痩せ、ダイエットとしては成功しました。

 

 

しかし、友達と遊んだりするのも、

外食したくないし...という理由であまりしなくなっていきました。

キュッティ コンブチャはこちら!

 

卒業後、専門学校に通いながら、拒食症は続き、

伸長150センチで体重は35キロに。

 

 

その頃から、

食べ過ぎてしまったと後悔する時に、

食べた物を吐くことを無理やりするようになりました。

 

 

周りからもう少し太った方が良いと言われても、

自分では許せなかったのです。

 

 

太っていた時と痩せた時の周りの扱いが明らかに違い、

痩せていないとまた太ってるとバカにされる、

努力が水の泡だと思っていました。

 

だんだんと吐くことに慣れてしまい、

同居していた母が理解してくれていた事もあり、

食べる量も多く時間も長くなっていきました。

 

 

最初は夕飯1人分に菓子パン2つくらいだったのが、

今現在ではご飯3合に食パン1斤、

菓子パン5個にスナック菓子やチョコレート、

クッキー、アイスなど6、7時間ほどの間、

食べ続けて、吐いてはまた食べてと繰り返しています。

 

こんなこといつまでしていてもいいはずがないと分かっていても、

してしまう。

 

 

人になんて恥ずかしくて言えない、

だから嘘を色んな場面でつく。

 

 

だからまた苦しくなる...と、悪循環です。

 

 

でも、過食嘔吐をしない日が続くと、ストレスなのか、

すごく気が荒くイライラしてしまいます。

 

 

過食嘔吐をストレス解消なんて言ってしまうのは甘えかもしれませんが、

私にはこれが今は必要みたいなんです。

 

お金もかかっています。週に2回くらい過食しますが、

1回で3千円以上使っています。

 

それでも、ギャンブルよりは安いしねっなんて自分で言い訳しながら

買い物かごに食べ物をどんどん入れていきます。

 

 

レジでこの人菓子系ばっかり買うなぁなんて

思われてるかな...と少し恥ずかしいけど、

 

 

それも数分間。

 

 

家に帰っていつも食べないような甘い物をたくさん食べて、

その日は満足。それの繰り返しです。

 

 

結婚し、旦那にも話しましたが、

ここまで重症だと気付かれたくないので、

詳細は明かしていません。

 

 

過食の事で旦那にも嘘をつく事がよくあります。

 

 

いつか何かきっかけで治らないかなぁとまた甘い考えでいます。

 

 

治そうと病院へ通ったり、

自分で抑えた時もありましたが、まるで効果はなく、

悪化していく一方だったので、今は自由にしています。

最近の記事
記事のカテゴリー