摂食障害

人生というクソゲーにもがく40代サラリーマンのブログ

40代、バツイチ。。。社会不適合者オヤジの侘しい生活記録

摂食障害に悩む人の体験談

現在進行形の過食症です。

 

もともとは、太ってると父の愛人から言われて

悔しい思いをして始めたダイエットがきっかけです。

 

 

それから高校3年の時にだんだんと拒食症になっていき、

周りから羨ましがられるほど痩せ、ダイエットとしては成功しました。

 

 

しかし、友達と遊んだりするのも、

外食したくないし...という理由であまりしなくなっていきました。

キュッティ コンブチャはこちら!

 

卒業後、専門学校に通いながら、拒食症は続き、

伸長150センチで体重は35キロに。

 

 

その頃から、

食べ過ぎてしまったと後悔する時に、

食べた物を吐くことを無理やりするようになりました。

 

 

周りからもう少し太った方が良いと言われても、

自分では許せなかったのです。

 

 

太っていた時と痩せた時の周りの扱いが明らかに違い、

痩せていないとまた太ってるとバカにされる、

努力が水の泡だと思っていました。

 

だんだんと吐くことに慣れてしまい、

同居していた母が理解してくれていた事もあり、

食べる量も多く時間も長くなっていきました。

 

 

最初は夕飯1人分に菓子パン2つくらいだったのが、

今現在ではご飯3合に食パン1斤、

菓子パン5個にスナック菓子やチョコレート、

クッキー、アイスなど6、7時間ほどの間、

食べ続けて、吐いてはまた食べてと繰り返しています。

 

こんなこといつまでしていてもいいはずがないと分かっていても、

してしまう。

 

 

人になんて恥ずかしくて言えない、

だから嘘を色んな場面でつく。

 

 

だからまた苦しくなる...と、悪循環です。

 

 

でも、過食嘔吐をしない日が続くと、ストレスなのか、

すごく気が荒くイライラしてしまいます。

 

 

過食嘔吐をストレス解消なんて言ってしまうのは甘えかもしれませんが、

私にはこれが今は必要みたいなんです。

 

お金もかかっています。週に2回くらい過食しますが、

1回で3千円以上使っています。

 

それでも、ギャンブルよりは安いしねっなんて自分で言い訳しながら

買い物かごに食べ物をどんどん入れていきます。

 

 

レジでこの人菓子系ばっかり買うなぁなんて

思われてるかな...と少し恥ずかしいけど、

 

 

それも数分間。

 

 

家に帰っていつも食べないような甘い物をたくさん食べて、

その日は満足。それの繰り返しです。

 

 

結婚し、旦那にも話しましたが、

ここまで重症だと気付かれたくないので、

詳細は明かしていません。

 

 

過食の事で旦那にも嘘をつく事がよくあります。

 

 

いつか何かきっかけで治らないかなぁとまた甘い考えでいます。

 

 

治そうと病院へ通ったり、

自分で抑えた時もありましたが、まるで効果はなく、

悪化していく一方だったので、今は自由にしています。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の記事
記事のカテゴリー